Arrow
Arrow
Slider

妊娠中でも安心のノンカフェイン飲料「月桃茶」


妊婦は汗をかきやすい身体です。


妊娠することで新陳代謝は活発になります。

なぜなら妊婦の身体は、自分と赤ちゃんという二人の生命のために、摂取した栄養や脂肪を蓄えやすく変化し、それをエネルギーに変換するために新陳代謝が活発になっていきます。

これは体温を上げ、汗をかきやすい身体になるということ。つわりでおう吐をすることがない人でも、普段から妊娠前より水分を失う量が増えているのですから、おう吐の激しい妊婦は、やはり脱水リスクの高い人であることを知っておきましょう。


妊娠中、脱水状態から便秘がひどくなる


妊婦の身体は、赤ちゃんがいる子宮が直腸を圧迫して便を通過しづらくするために、便秘になりがちです。

しかも脱水しやすい身体は便を硬くします。

圧迫されている直腸にカチカチの便だと、どうしても便秘を助長します。
妊娠中に痔になる人が多いのはこうした便秘が原因のひとつです。
妊婦の場合、便秘からくるお腹の痛みで救急搬送されることさえあります。
搬送された人を「うーん、便秘ですね」と便を摘出したら、スッと「お腹の痛みが治まりました」となるほどです。

妊婦に向けて酸化マグネシウムなどを成分とした緩下剤がありますが、そうした薬はそもそも腸に水を引いてくる薬なので、口から水分を摂る量が少ないと困るのです。便秘にはやっぱり水分をこまめに摂ることが第一です。

そのうえで、便意を我慢しないようにし、朝食と朝の排便の習慣を心がけることも大切です。

通常、成人の必要な水分量は、飲み物から1,200ml、食べ物に含まれている水分から1,000ml、これに体内でエネルギー代謝の過程で生じる代謝水300mlほど。しかし、通常の食事から摂る水分量とは別に赤ちゃん分の水分量が必要だと考えましょう。

十分な水分補給は、妊娠時の妊婦の体調不良の要因のひとつである脱水を防ぎ母体の健康を保ちます。

では、妊娠中の水分補給にはどういったものが適しているのでしょう?


妊娠中の水分補給


一般的なものではスポーツドリンクなどがあげられます。
しかし、あの甘さが口に残るのが苦手な人も多く、実は飲みすぎると糖分の摂りすぎになることも。

人口甘味料や保存料などの添加物が使われているものが多いのも気になるところ。

そこでおすすめしたいのが月桃茶です。

和のハーブと呼ばれ、ショウガ科の植物である月桃から作られた月桃茶は
爽やかな香りとすっきりとした後味で妊娠中べたつきがちな口の中をすっきりさせてくれる効果もあります。

月桃の茶は「一害も無くして百利あり」と言っているくらい沖縄地方では信じられています。
月桃には目立った妊婦さんの服用に関しての記述は見つからないのですが、ポリフェノールや色々なミネラルも豊富で、妊婦さんには良いと思います。


妊娠中に控えたいもの


妊婦さんが取りすぎてはいけないものは、アルコール、ニコチン、ビタミンA、リン、塩分、砂糖とカフェインなどです。

アルコールやニコチンの害については言うまでもありませんが、そのほかのものはついうっかり摂りすぎてしまうこともあるので気をつけましょう。

特にカフェインは血管を収縮させる作用があるので控えたいものです。
コーヒーだけでなく、緑茶などにも含まれているので、
毎日の食後に飲むのは控えた方が良さそうです。

ではこれから妊婦さんと各物質との関係を少し説明します。

ビタミンA
特に動物性の食品などにはビタミンAが含まれています。レチノールはビタミンAに多く含まれているので、このレチノールが胎児に奇形という作用も起こしかねないのです。

リン
過剰に摂取しますと、母体のカルシウムや鉄分の吸収を妨害します。

塩分
塩分の取りすぎは妊娠中毒症を引き起こしやすくなります。

リンや塩分はスナック菓子に多く含まれているので、控えましょう。

砂糖
特に白砂糖です。白砂糖の取りすぎは、ビタミンB1やB2そしてカルシウムを大量に奪われてしまいます。妊婦さんのカルシウムは胎児の発育に欠かせない栄養素です。それらを奪ってしまう白砂糖は、胎児の発育に良くありません。
また糖分の取りすぎはドロドロの血液にしてしまう可能性があります。血液がドロドロですと胎児への栄養補給が妨げられてしまいます。

カフェイン
カフェインの摂りすぎは胎児への栄養を運ぶ血管が細くなり、胎児の発達に障害を起こす可能性があります。
コーヒーやお茶が好きな方も、1日100mg以下なら影響は少ないといわれているので、ノンカフェイン飲料など飲用し、取るのを控えめにしていくのが良いと思います。

その点、月桃茶にカフェインは入っていませんので安心して飲んでいただけます。

◎以上、あげた物質は月桃にはほとんど含まれていませんので安心して妊婦さんでも愛飲できるお茶であると思います。

以上の観点から、月桃には抗酸化作用や解毒作用も見られるので多量に摂取しない限り、母体と胎児への影響は見られないと思います。

実際、月桃茶を毎日飲んでいる人からは、便秘やむくみが解消したという声もあります。
胎児に悪い影響がないだけでなく、多くの妊婦さんの悩みの種である症状が改善されるならこんなにいいことはありませんね。

また、妊婦さんは非常にデリケートになっているので、特に月桃茶のかもし出す香りがアロマセラピー効果で、妊婦さんの気持ちをリラックスさせてくれ、胎児の発達に重要な「質の良い十分な睡眠」をとることができます。

そして妊婦さんが「あ~、月桃茶の香りがいいわぁ~」と感じれば、その感じのバイブレーションが胎児にも伝わり相互的に良いのではないでしょうか。

もちろん「西村さんちの月桃茶」
無農薬、有機肥料で栽培され、オーガニック認定を受けた沖縄産。
添加物は一切使っていません。
加工に至るまで全てが国内加工なので、安心してお飲みいただけます。

まずは無料サンプルでお試ししてみてはいかがでしょうか?

▼こちらから無料で月桃茶をお試しできます

▼今なら初回購入クーポンで5%offでご購入できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です